ようこそ!「萩姫の湯」磐梯温泉温泉へ

福島県の中央に位置し、アクセスも便利なことから、県内でも有数の人気を誇る温泉地、「磐梯熱海温泉」。
温泉街を流れる五百川に沿って、それぞれのこだわりを持ってお客様をお迎えする数々の旅館が立ち並びます。

また、猪苗代湖や磐梯山などの観光スポットがほど近く、福島県だけでなく近隣県の観光の拠点としてもご利用いただいております。
温泉街の周辺にも緑あふれる観光スポットが点在し、豊かな自然が見せる四季折々の風景は、訪れる人々に喜びと感動を与えてくれます。

温泉の泉質は、アルカリ性単純温泉。
肌触りの良い、この湯は「美肌の湯」として親しまれ、やけどや外傷、皮膚病などに良い名湯として服区から知られています。

開湯は約800年前。熱海という地名は、領主であった伊東祐長がふるさとの伊豆を偲んで名付けたとされています。
また、南北朝の時代、京の公家の娘・萩姫がこの地を訪れ、不治の病を治したとも伝えられています。

「みちのくの熱海」磐梯熱海温泉

「萩姫の湯」磐梯熱海温泉

萩姫まつりでの萩姫
磐梯熱海温泉が発見されたのは、今からおよそ800年前の鎌倉時代と言われており、次のような伝説が残っています。

南北朝時代・建武のころ、今日に住む公卿の娘で「萩姫」という美しい姫が、不治の病にかかり苦しんでいました。
ある夜、不動明王のお告げがあり、「都を去る東北方、数えて五百本目の川岸に霊泉あり。それに浸かれば全快する」と聞きおよんだ姫は、侍女の雪枝を伴い都を旅立ち、幾多の困難辛苦の末、ついに五百本目の川(現在の磐梯熱海温泉地内)にたどり着きました。
ここに湧き出るお湯で難病も全快し、この湯に深く感謝して京へ戻ったと言われています。


以後、磐梯熱海温泉は、美人をつくる名湯として名を広め、郡山の奥座敷として、また、磐梯高原・会津方面の玄関口として賑わいをみせています。

海がないのになぜ「熱海」?

鎌倉時代、文治5年(1189年)、源頼朝の奥州平泉征伐後、安積郡を支配することになった伊東氏が、自らの生まれ育った伊豆国を偲び、熱海の名を用いて、この地を磐梯熱海温泉と名付けたと言われています。

「美肌の湯」磐梯熱海温泉

美肌の湯の磐梯熱海温泉
温泉は入浴するだけでも新陳代謝が活発になり、美肌づくりに効果的。
透明で肌ざわりもさらりと軽い磐梯熱海温泉の湯はアルカリ性単純泉で、皮膚の角質を軟化して溶かし、漂白作用によりシミ、ソバカスにもよく効きます。

温泉の成分

温泉の成分
源泉名郡山市営第1号泉、第4号泉、第7号泉
湧出地福島県郡山市熱海町熱海5丁目26番地(第1号泉、第4号泉)
福島県郡山市熱海町高玉字切払3番地(第7号泉)
泉質アルカリ性単純泉
泉温53.0℃
知覚的試験無色・透明・無臭・無味
pH値9.1
温泉1kg中の成分
陽イオンミリグラム(mg)
陰イオンミリグラム(mg)
遊離成分ミリグラム(mg)
ナトリウムイオン(Na+127.2
カリウムイオン(K+1.8
マグネシウムイオン(Mg2+0.1
カルシウムイオン(Ca2+4.7
アルミニウムイオン(Al3+0.0
マンガンイオン(Mn2+0.0
鉄(II)イオン(Fe2+0.0
(計) 133.8
フッ化物イオン(F-6.7
塩素イオン(Cl-67.7
水硫イオン(HS-0.0
チオ硫酸イオン(S2O32-0.0
硫酸イオン(SO42-109.5
炭酸水素イオン(HCO3-33.7
炭酸イオン(CO32-16.6
(計) 234.2
非解離成分 
  メタケイ酸(H2SiO359.8
  メタホウ酸(HBO24.3
(計) 64.1
溶存ガス成分 
  遊離二酸化炭素(CO20.0
  遊離硫化水素(H2S)0.0
(計) 0.0
その他の微量成分
ミリグラム(mg)
総ヒ素0.008 mg
銅イオン0.01 mg未満
鉛イオン0.005 mg未満
総水銀0.0005 mg未満
分析年月日:平成16年6月15日
適応症(入浴により改善が期待できる疾患および症状)
(1)この温泉固有の適応症
きりきず、やけど
(2)温泉の一般的適応症
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
scroll-to-top