プロジェクトの目的

「食」観光 郡山産野菜のおいしさを広めたい。

 本プロジェクトは福島県の観光産業を担う郡山市の奥座敷磐梯熱海温泉が、郡山農業青年会議所と共に地元ブランド野菜の魅力を料理に生かし、訪れたお客様に旬ならではのおいしさを広めるものです。

 だだちゃ豆で知られる山形県庄内地方で伝統野菜の奥深さ、おいしさを、こだわりの料理で食文化創りを続けている世界的にも高名な鶴岡市のレストラン「アル・ケッチァーノ」オーナーシェフ奥田政行氏にスペシャルアドバイザーをお願いしています。

 ふくしまへの旅の贅沢なおもてなしとして、畑にこだわり、旬の時期にこだわった野菜を生かした料理を味わえるよう追求しております。

写真写真
写真写真写真

スペシャルアドバイザー レストラン「アル・ケッチァーノ」 奥田政行(おくだまさゆき)

奥田政行(おくだまさゆき)

 かつて、一部農家の無認可農薬使用問題で深刻な風評被害に見舞われた山形県で、地道な地産地消の提携と地元食材の魅力を引き出す料理の提供で風評を払拭した実績を持つ奥田シェフ。地域食材の魅力を前面に出した農家レストランとして「食観光」という新たな地域振興の柱を打ち立てるとともに、震災以降は日本の食の安全性を海外にアピールする顔ともなっています。
 奥田シェフの協力なバックアップを得て、ここ郡山から、真に安全で美味しい地元食の発信を仕掛けます。
>>シェフ奥田政行のプロフィール(公式HP)

【プロフィール】
1969年~ 山形県鶴岡市生まれ
2000年 アル・ケッチァーノを独立開業
2004年 山形県庄内支庁より「食の都庄内」親善大使に任命(継続中)
2006年 イタリア「テッラ・マードレ2006」で、世界の料理人1000人に選出
2010年 第1回「辻静雄食文化賞」を受賞
農林水産省より第1回料理マスターズブロンズ賞を受賞
2012年 山形新聞 3P賞 平和賞 受賞
サンマリノ共和国より「食の平和大使」に任命

▲ ページのTOPへ